アルカリ電解水の使い方・便利な活用術ページへ

よくある質問Q&A

塗装用語集

カラーシミュレーター

カレンダー

2019年 09月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
定休日(翌営業日受付)

2019年 10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
定休日(翌営業日受付)

  
塗料用語集.com
 

ウッドデッキの塗装レシピWood Deck Paint Recipe

ウッドデッキなどのガーデン用木製品などは常に日光や風雨にさらされ傷めつけられます。
3年に1度くらい防腐性に優れた塗料で塗り替えることで、庭や家の外廻りを美しく保つことができます!

塗料選択のポイント

古い塗料をきれいに落としましょう

古い塗料をきれいに落としましょう

塗装する前にブロック塀などが塗料で汚れないように、マスキングテープやポリシートを使って養生します。庭木が邪魔な場合はひもなどで縛っておくと作業がしやすくなります。

準備ができたら塗装面の汚れや古い塗膜を落とし下処理をします。 細かいケバ立ちや凸凹がある木の表面サンドペパーをかけます。 その際木目に沿ってサンドペーパーをかけ、面積の大きい部分には当て木をすると良いでしょう。 但し、必要以上に力を入れると木を削りすぎてしまうので注意しましょう。

塗料がついて困るところにはマスキングをしましょう

塗料がついて困るところにはマスキングをしましょう

1回目の塗装では、木地に吸い込ませるように塗ってください。
板と板の隙間など塗りにくい所から先に塗り、広い面は木目に沿って手早く塗るのがコツです。 幅の広い刷毛やコテバケなどを使うと作業時間が短縮でき便利です。

上部の隅から塗り始めましょう

上部の隅から塗り始めましょう

ウッドデッキの材質によっては1度目の塗装後にケバが立ってしまうことがあります。 その場合、1度目の塗装が乾いたことを確認し、目の細かいサンドペーパー(P400〜600番)で表面が平らになる様に軽く研ぎます。 その後、研ぎカスをきれいに拭き取ってから、1回目と同様に2回目の塗装をして完成です。

おすすめの塗料 ウッドデッキ用塗料注文ページへ 木製品保護塗料注文ページへ レジューサー注文ページへ
このページのトップへ
Copyright (c) 株式会社WING・R all rights reserved.