サンプルページへ

アルカリ電解水の使い方・便利な活用術ページへ

よくある質問Q&A

塗装用語集

カラーシミュレーター
ネットワーク環境によりご利用に1〜2分
かかる場合があります

カレンダー

2019年 05月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
今日
定休日(翌営業日受付)

2019年 06月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
定休日(翌営業日受付)

  
塗料用語集.com
 

木製家具の塗装レシピWooden Furniture Paint Recipe

塗料選択のポイント

木の表面をサンドペーパーで研ぎましょう

木の表面をサンドペーパーで研ぎましょう

細かいケバ立ちや凸凹がある木の表面は、木目に沿ってサンドペパーをかけます。面積の大きい部分はサンドペーパーに当て木をすると良いでしょう。

※木目の深い木の場合はとの粉で目止めをするときれいに仕上がります。

一回目は薄めに手早く塗る事

一回目は薄めに手早く塗る事

着色剤を塗る場合、1 回目は木地への吸い込みが多いので薄めに塗ってください。希望する仕上がり色より薄い場合は、充分乾いてから再度着色剤を塗ります。

※塗りにくい所から先に塗り、木目に沿って手早く塗るのがコツです。

下塗りを塗装します

下塗りを塗装します

着色剤が十分乾いたら、下塗り塗料を塗りましょう。着色剤同様、塗りにくい所から先に塗り、木目に沿って手早く塗るのがコツです。

サンドペーパーをかけたら仕上げの塗装をします

サンドペーパーをかけたら仕上げの塗装をします

塗料が乾いたら、目の細かいサンドペーパー(P400〜600番)で表面が平らになる様に研ぎます。
研ぎカスをきれいに拭き取り、上塗りを1 回〜 2 回塗装して完成です。

おすすめの塗料 インテリアカラー注文ページへ クリアトップコート注文ページへ 下塗り塗料注文ページへ お手軽着色セット注文ページへ
このページのトップへ
Copyright (c) 株式会社WING・R all rights reserved.